リポジトリを操作するGUIクライアント Source Tree をインストール

リポジトリの操作を直感的にできるGUIクライアント Source Tree をインストールしました。

Git の操作を簡単にできるGUIクライアント Source Tree

Gitといえば、コマンドで操作するものだと思っていましたが、 GUIツールがありました。その名もSource Treeで操作もそれほど難しくなさそうです。コマンドでの操作がなければ、プログラマ以外の方でも使い易いツールになると思います。

今回は、インストールとローカルリポジトリを作成するまでをまとめてみました。

Source Tree インストールとリポジトリの作成方法

Source Tree サイトへアクセスします。https://www.sourcetreeapp.com

Source Tree
Source Tree サイト

[ Download SourceTree Free ] をクリックしダウンロードします。この時点でのバージョンは2.0.5.2でした。また、使っているOSによって、ダウンロードファイルは自動で変えてくれます。Windows版もあります。

以下は、Mac環境でのインストールと設定になります。

SourceTree install
SourceTree インストール画面

ダウンロード後は、Applicationsフォルダにコピーするだけです。

ここまででインストールは完了です。難しくありませんね、

Source Tree 起動からリポジトリの作成

Applicationsフォルダにインストールされた「SourceTree」を起動します。はじめて起動した際には、以下の使用許諾契約に同意する。が必要になります。「私はSourceTree の使用許諾契約に同意する。」にチェックを入れ、「続ける」をクリック。

SourceTree 使用許諾契約の同意
SourceTree 使用許諾契約の同意

「アカウントを追加」が表示されます。参考にしている本だとここは「セットアップをスキップ」でスルーしているので、同様にスルーしました。

SourceTree アカウントを追加
SourceTree アカウントを追加

そうすると、SourceTreeが起動します。シンプルです。

SourceTree 画面
SourceTree 画面

次はようやくリポジトリの作成といきたいのですが、まずは環境設定で1つやっておくことがあります、それは、「名前」と「メールアドレス」の設定です。

名前とメールアドレスを設定することで、誰が作業をしたのかがわかるようになります。バージョン管理で重要な項目になります。

その設定は、メニューの「環境設定」にあります。

SourceTree 環境設定
SourceTree 環境設定

環境設定の画面を開くとすぐに「名前」と「メールアドレス」を登録する欄があるので、入力します。

SourceTree 名前とメールアドレス登録
SourceTree 名前とメールアドレス登録

環境設定が完了したところで、ようやくリポジトリの作成になります。上記までの設定は、初めて起動する際の設定なので、設定さえできれば後は、特に触ることはないので、備忘録としてこのブログと一緒に覚えておいてください。

さっそく、リポジトリの作成ですが、「ローカルリポジトリの作成」だけで完了です。

SourceTree ローカルリポジトリを作成
SourceTree ローカルリポジトリを作成

リポジトリにするディレクトリの選択はあります。素人なので、あっているのかわかりませんが、「保存先のパス」は、新規で作成したディレクトリなどがいいと思います。

はじめはわからず、なにも設定を変えないで「作成」したのですが、保存先のパスにあるファイルがすべて認識されて、バージョン管理の対象になってしまいました。なので、バージョン管理をしたいプロジェクトのディレクトリ、もしくは新規で作成したディレクトリを指定したほうがいいと思いました。

ローカルリポジトリを作成
ローカルリポジトリを作成

「作成」することで、ローカルリポジトリの作成が完了します。

SourceTree ローカルリポジトリ作成完了
SourceTree ローカルリポジトリ作成完了

Source Treeにローカルリポジトリが作成、表示された状態です。

ここまでが今回紹介するインストールからローカルリポジトリの作成までの作業になります。あとは、Source Treeを使った実際のバージョン管理の作業になります。

ここからが本番なので、また別記事としてまとめたいと思います。

今回使用している書籍紹介

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33〈バージョン管理、SourceTree、Bitbucket〉

イラスト豊富でわかりやすいです。Windows版とMac版と2つのパターンで説明が書かれており、とても親切!今のところ、ローカルリポジトリの設定までしか読んでいませんが、読破したら書籍紹介ページに載せたいと思います。

リポジトリを操作するGUIクライアント Source Tree をインストール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA