PHPの文字列(単一/二重引用符のことなど)

PHPで使われる文字列関連についてまとめてみました。単一引用符と二重引用符の違いとかです。

予約語

まずは、予約語について

予約語とは、プログラミングの基本となる語句でクラス、関数名や定数に利用できない単語のこと。

PHPの基本としてあるクラスや関数のことで、確かにダブってしまったらおかしくなりそうなので、注意する項目の1つです。その予約語に関しては、PHPオンラインマニュアルに一覧表があります。

PHPオンラインマニュアル :PHP予約語の一覧

文字列の扱い方

PHP内での文字列の扱い方について。文字列の表示については、2つの方法があります。

単一引用符、シングルクォーテーション(single quote)などと呼ばれており、「’」のこと。
二重引用符、ダブルクォーテーション(double-quote)などと呼ばれており、「”」のこと。

2つのどちらかで囲まれた文字が、文字列として表示されます。


print 'この中が文字として表示されます。PHPのコードとは認識されません。'
print "この中が文字として表示されます。PHPのコードとは認識されません。"

2行とも同じように出力されます。

2つの違いは、二重引用符で囲まれた文字列の中の変数は、文字ではなく変数として扱われます。単一引用符ないの変数はそのまま文字として認識されます。


$変数 = 「変数です。」

print 'この中の$変数は、そのまま表示されます。'
print "この中の$変数は、値がセットされます" → この中の「変数です。」は、値がセットされます。

単一引用符で文字と認識されないのは、\(バックスラッシュ)だけです。

二重引用符では特殊文字というのがあり、特別な処理を実行されます。

\n:改行
\t:タブ

などなど。

ヒアドキュメント

同じような機能としてヒアドキュメントという構文があります。これは、「<<<」以降をすべて文字として認識させる構文で、複数行(単一/二重引用符は1行のみ)にも対応しており、終了を示す「;(セミコロン)」まで文字として認識します。(ヒアドキュメントには詳細がありますので、詳しくはいつか追記します。)

単一引用符内の\(バックスラッシュ)

単一引用符内での「\(バックスラッシュ)」は、文字列内で単一引用符を使いたい場合などに使います。


print 'この文章中に「'」を使いたい場合に\を直前に入力します。' → この文章中に「(ここで終了)

print 'この文章中に「\'」を使いたい場合に\を直前に入力します。' → この文章中に「'」を使いたい場合に\を直前に入力します。

となります。

追記:Macで、\(バックスラッシュ)は、「option(alt)キー + ¥キー」です

PHPの文字列(単一/二重引用符のことなど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA